契約解約するには


こうして考えてみると土地や建物の貸し主は立場が強いというイメージがありますが、きちんと法律を盾にしてこられるとなかなか契約を終了させることさえ難しいと言う場合が多いです。まとめてみると貸し主側から契約を終了させたい場合はとにかく借り主の同意を得るということを目標にする必要があります。その契約が期間の定めがある契約の場合は更新拒絶通知と言うものを送ることになりますし、ゲーム期間が定められていない契約であれば、解約の申し入れを借り主に対して行う必要があります。注意したいのはどちらの場合でも必ず正当事由、つまり契約を解約するための正当な理由が必要になってくるということです。

握手この正当事由というものが、解釈の違いによりトラブルの元となるケースが多いというわけです。このようにいざ既存の建物を建て変えたいとか、別の用途に持ちたいと思う場合に、今現在住んでいる借り主立ち退いてもらうことがいかに難しいかという事がわかります。

こうした局面はいずれ訪れる事ですので普段から可能な限り借り主との人間関係を良くしておくということも必要なことかもしれません。また立ち退き料の支払いを初めから覚悟しておくということも交渉をスムーズに進める上では重要と考える人もいると思います。


▼関連記事▼

借地借家法の改正

新法で契約し直せる?

裁判例の判断