新法で契約し直せる?


男性基本的に借地借家法は、借り主の権利を保護するものであるため、貸す側にとってはデメリットが大きいと言う意見も多数ありました。それで赤池借家法が改正されたことに伴って、契約をし直したいと考えている地主さん達は多いようです。しかし残念ながら旧借地法で契約されているものに関しては新しい借地法で契約し直すということが認められていません。今のところの法律で行くと旧法で締結した契約に関しては契約が続けられる限り今のままの契約条件が続くということになります。どうしても新しい借地法で契約をしなおしたいという場合は、以前の契約を一度解除し、新法で新たに契約をし直すということが必要です。

もちろんこれを提案しても借り主側にとっては別段メリットがないので相手側の合意を得る事はなかなかむずかしいかもしれません。ですから新しい借地借家法で契約をもし直すというプランよりも、正当な理由を持ち出して借り主側の了承を得て契約を解約するという方向で考えた方がスムーズに進むかもしれません。いずれにしてもこういうケースでは借り主側としっかりと話し合って、納得してもらえるように条件を提示することが何よりも大切になってくるでしょう。


▼関連記事▼

借地借家法の改正

契約解約するには

裁判例の判断