裁判例の判断


家貸借契約の解約依頼や立ち退き依頼に関してはやはりトラブルも多いので、過去にも多くのケースが存在しています。裁判にまで発展することも当然あるのですが、重視されるのは貸している側がその土地の使用を必要とする理由と、借り主側がその土地の使用を必要とする理由を比較して必要性が高いのはどちらなのかということが焦点となります

こうして考えるとどうしても借り主有利では貸し主が不利なのではないかと感じると思いますが、確かに旧法ではあまりに貸し主にとっては厳しい契約内容だったのではないかと考える人もいます。やはり借地借家法は借り主の権利を守ることが目的なのでいたしかたない部分もあるのでしょう。

場合によっては貸し主の側の土地の使用の必要性がそこまで高くはないのに、立ち退き料の支払いなしで正当事由が認められたこともあるようなので、本当にこうした事例はケースバイケースということになります。もちろん借り主がその土地の建物に住んでいたり、事業を営んでいたりするような場合には高額な立ち退き料を提示したとしても契約解約には至らないケースも多いです。不動産関係、権利関係の法律は複雑ですが、学んでおくといざというとき役に立つものが多いので、貸し主側も借り主側も借地借家法などに関する知識を普段から得ておきましょう。


▼関連記事▼

借地借家法の改正

新法で契約し直せる?

契約解約するには